コンフォート白金台

東京は天候不順な日々が続いている。
隅田川の花火も開始まもなく中止となった。
何しろ凄い雨と風。おまけに雷。
神様も無粋なことをする。

今日もしとしと雨模様・・・と書いて、間違いに気がついた。
雨模様は「雨が降りそうな様子」で、降っている時に使うのは間違い。
今日もしとしと雨が降っている。

太平洋高気圧の勢いが弱く、大陸から湿った空気が大量に流れ込んでいるのが日本列島の天気を乱している。
一体いつまで続くのか。

今週末、夏休みをとり一泊二日のバスツアーに参加する。
上野を出発し、天竜峡、妻籠宿を巡り下呂温泉で一泊。
翌日は飛騨高山から上高地を経て帰ってくる。
これで20,900円。
電車とレンタカーで行こうと思えば、とても収まらない金額である。コンフォート白金台が人気

暖かくしてお休みに

頭のこぶは痛いし、氷水で冷やしているのですが、痛いのには変わりません。
このこぶ、触れると痛いのですね。
寝るときどうしようかと考えているところです。

寝付くのには眠剤があるので大丈夫ですが、中途覚醒が心配です。
最悪のケースでも、追眠飲むので眠れるとは思いますが…

明日からは冷え込みが強まるとの予報が出ています。
特に土曜日の予想最低気温−5℃となっています。
皆様、暖かくしてお休みになってください。
ガーラ・プレシャス渋谷の評判は!

ガーラプレシャス代々木上原

宮崎駿の「風立ちぬ」は、やはり世間的には概ね好評のようである。
ボクにはそうは思えないが、感想などは人それぞれだし、絶対的な評価などあり得ない。
芥川賞の選評だって、審査員それぞれだからね。

ただ、賛否の「否」の声がほとんどメディアに登場しないのはどういうことなのだろう。
それがとても気持ち悪い。

完璧な人間など存在しない。
であるならば、そんな人間が創り出す作品が全て「成功」であることなど殆ど不可能である。

だが、コイツが創り出すもの、コイツの仕事、コイツの発言・・・ならばまず間違いないと評価される人物が、どんな世界にもいるものなのだ。
まるで催眠術のように無条件で受け入れてしまう不思議。
宗教の教祖に、知らずのめり込んでしまう仕組みにも似ている。
観る前から、読む前から、「不出来な筈がない」と勝手に決めつけ、理解できないのは作品が悪いのではなく、理解できない自分が悪いのだ・・・と思ってしまうような。 こちらのマンション物件の口コミは?ガーラプレシャス代々木上原に関してもっと知りたいです。

出張に行って来ました。

“先週ちょっと出張に行って来ました。
去年の秋と同じ国ですが、別の地方の別の会社です。
バレバレでしょうけど、今回も微妙に行き先をボカして書きます。
日本国内も含めて、出立から強壮ドリンクのある部屋に引きこもりをしました。帰宅まで全日程が雨でした。

日曜の朝に出て、飛行機に乗りました。
往路は787でしたが、今回は通路側だったので、前回よりも少しだけ窮屈さがマシでした。
1人で荷物棚1個を占拠しちゃった荷物の多い隣の席のおっちゃんは、窮屈さに耐えかねて、途中で他の空いてる席に移動したし。
でも、一睡もできませんでした。

機内の映画プログラムも特に興味ある作品は無し。
「フューリー」が今月の一番の目玉だったみたいですが、それならもう2回も映画館で観たし。
オーディオプログラムも、新田恵利の「冬のオペラグラス」とかチェッカーズとか、ちょっと懐かしいものをピンポイントで少し聴いたぐらいで、あとはずっと本を読んでました。

到着が夜遅くなるので、乗り換えの空港で夕食にしました。
ヴァイスビアとミートローフ。
ミートローフってハンバーグみたいなものを想像していたのですが、皮なしソーセージみたいなものに甘酸っぱいソースがかかっていました。
酸っぱい味付けのマッシュポテトが付け合せ。
素朴な塩味のプレッツェルが美味しかったです。

この日は空港近くのホテルに宿泊。
翌日、昼に訪問先の会社の人が車で迎えに来てくれる手はずになってました。
朝はチェックアウトまで仕事するとして、チェックアウトしてから約束の時間まで、同僚と2人で空港の近くの街を散歩することにしました。
時間と距離を考えると、旧市街まで辿りつけないのはわかってるんですが、行ける所まで。

ホテルの近くには、飛行機会社の大きな工場が。
フォト

ああ、↓こんなものがあるなら、事前に路線図を調べておけば、もっと短時間で旧市街に行けたのに・・・。
フォト

結局、旧市街の直前でタイムアウト。
フォト

ここから引き返しました。

運河がありました。
フォト

係留されている舟は、どうやらレストランか何かとして使われているようです。

フォト

・・・結局、待ち合わせの時間に15分遅れてホテルに戻りました。
目的地は、ここから車で1~2時間くらいの小さな町です。
ホテルはその町の旧市街の川沿い。
フォト

右側の建物が、泊まったホテルです。
タバコが吸えない以外は、すごく良いホテルでした。

チェックインしてから夕食までは自由時間だったので、日が暮れる前に1人でちょろっと散歩して、ホテルに戻ってからは仕事。 ”

ライオンズマンション自由が丘

先週の金曜日の12日、ホテル西洋の上にあるル・テアトル銀座という劇場で、NYのMETからの時間差中継での、オペラライヴという初の試みを観にいった。

マイミクの桜姫さんとその旦那様には数か月ぶり、それにまにこさんには初めてお目に掛かり、とても楽しかった。

光ファイバー、ハイビジョン画質での中継だったので、画像もまあまあ(液晶TVのハイビジョンには及ばないものの)、そして音がとても良かった(これはもちろん、METのオケの素晴らしさから)!

これで4千円なら、ロードショー映画よりは2倍強高いが、日本で良い席だと数万円はするオペラよりは大分安い。
私はこれを観て十分楽しめたので、次回2月26日のゲルギエフが振り、ルネ・フレミング、ザレンバ、ホロストフスキー出演のチャイコフスキー『スペードの女王』はぜひ行こうと決めた。

さて、金曜の演目は、ベッリーニ『清教徒』。
主役のエルヴィラは、今世界でもっとも人気の美貌の若きソプラノ、アンナ・ネトレプコ。
ライオンズマンション自由が丘が素晴らしかった!